• けん

「努力する」という美学?

エゴはどうやら


「自分の手柄にしたい」


という性格の持ち主のようだ




どうしても


「自分でやりたい」


「頑張って達成したい」


「努力したから手に入った」


ということをしたいらしい





簡単に実現したり


簡単にうまくいくのは


「運がよかっただけ」


ということになってしまって


ラクしたらダメになると


信じてしまっている人が多いように感じる





「直感にしたがっていったら


うまくいったんですよ〜」




と言っても


そんなことは到底信じられない





「そんなことあるわけがない」とか


「それはあなたに能力があったからですよ」とか


「自分とは関係のない話」とかとか







塾生が先日プールで過ごしていた


遊びが次々に展開されたり


1時間以上写真撮影に没頭したりと


すごいエネルギー





本人たちはイキイキとした表情で


努力や我慢なんて言葉はナンセンス


気がつけば4時間半






人によっては


4時間プールで過ごすこと自体が


拷問と感じる人もいるでしょう





この子たちも


「4時間プールで過ごしなさい」


と言われた


絶対にやらなかったでしょう





仕事や勉強が


この状態だったら幸せだと思いませんか?





誰もがなんどか経験していると思うが


「気がついたらあっという間に時間が過ぎていた」


というあれ




スポーツの世界では


ゾーンといわれていたり





そのためには


頭であれこれこねくり回していても無理





手柄を自分のものにしたいというエゴに


仕事や勉強や遊びをさせるのではなく


素の自分につながると


そうなる感じがする





これは誰にでもできること





この力を


親子塾では自然に培っている



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】