• けん

なにもしない時間

親子塾で大切にしているのは


どれを選んだかではなく


自分で選んでる感があるか




どれが正しいかじゃなく


自分がどう感じるのか





自分がどう感じるか


がわからないときには


「なにもしない」時間が大切だったりする





自分のことがわからないとき


本を読んだり


学びに行ったりすることで


自分を知るという側面と



ボーッとする中で


自分が感じていることや


湧き上がってくる思いや


キャッチする直感など


自分の感覚の回路を開通したり


太くしたりしていく側面がある





学校で「今日はこれをしましょう」


と与えられ続けると


自分の感覚が分からなくなるかもしれない




仕事で与えられた仕事を上手にこなすことに一生懸命になると


自分の感覚が分からなくなるかもしれない




なにもしないでいられない人もいたり


なにもないことに不安を感じたり


なにもしないことに罪悪感を感じたり・・・





なにもしないこと




この価値を


今日も親子塾では垣間見ることができた







閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】