• けん

パラダイムシフト

若かりし頃


陸上競技に没頭し


毎日20km以上の距離を走り


生活全部がランニングだった




頑張って頑張って頑張って


やっと辿り着いたところが


全国大会で7位だった






これだけ頑張って


その上の成績を出そうとしたとき




「もうすぐ届く」


とは思えず




日本の上位と自分との差は


まるで次元が違うと感じた





頑張る世界の延長線上では


とうてい到達できる領域ではないと感じた





才能とか


生まれ持った能力とか


そういうことでは


説明がつかない何か秘密があるはず・・・







現役時代


その秘密がわからなかった






今は


その違いがわかった感じがしている

(まだまだだが)






現役時代に


この感覚があれば



日本一になれたかどうかわからないが



自分の記録はまだまだ伸びただろうし


すくなくとも怪我の量は減っただろうし


燃え尽きることもなかっただろう








今日の話の核は


「観念の中で頑張って生きる世界」と「自分らしく生きる世界」がある


ということ






その2つの世界は


天動説と地動説


のような差があるということ






パラダイムシフト







そして


どちらで生きるかは


自分で選んでいる



ということ









なにか特別なことではなく


勉強のやり方


1日の過ごし方


仕事の覚え方


人間関係


すべて









頑張る電車にはたくさんの人が乗っている


みんな一緒」という変な安心感がある



電車の窓からは


「自分らしく生きている人」が見える




自分らしく生きるのは


この電車から降りる勇気がいる






「みんなと違う」


というだけでストレスを感じるもの






例えば


いわゆる不登校の子



「みんなと違う」  v.s. 「自分の感覚」





ストレスをかかえながら


自分の感覚に従いつつ


その自分の感覚すら疑いながら


自己否定しながら生きている




この子にとって大切なことは




学校に行くか行かないか


の前に





自分の感覚をわかってくれる人の存在


自分のままでいいんだと実感できること








ここに気がついた人


ここが感覚的にわかる人


そんな人の場所に


親子塾がなってきているように感じている













#不登校 #ひきこもり #自分らしく #子育て

#育児 #長野市 #信州親子塾 #悩み #フリースクール



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】