• けん

中立に受け取る

物事を見るときに


人は自分のフィルターを通して見ている




物事の本質を見ることができたら


問題ではないことが


自分のフィルターを通すもんだから


問題になってしまう





本質が見えてる人からしたら


問題ではない





フィルターがたくさんある人にとっては


「だって」


「そうはいっても」


などという言葉が出てくる




それは


「こうしなければいけない」


「こうすべきだ」


というフィルターがあるからだ





このフィルターがある


ということを自覚できたとしたら


本質を見ることができるが


ほとんどの人は


このフィルターがあるということすら気づいていないで


生きていたりする




この人生が良い悪いではない




フィルターがあると問題だらけの人生になるというだけ





もし自分らしく生きたいと望むなら


このフィルターの存在に気づくことからはじまる




この色眼鏡を外すには


色眼鏡の存在にまず気づくこと




気づけば


頑張らなくても外せる





このフィルターや色眼鏡が外した分だけ


中立に受け取れるようになってくる








閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】