• けん

#学校ムリでもここあるよ2020

親子塾では


#学校ムリでもここあるよ2020キャンペーン


に参加しています




夏休み明けの子ども達の自死を少しでも防ぐことを目的に、「#学校ムリでもここあるよ2020キャンペーン」を開催します。特に夏休み明けの子どもの自死率が高く、そのことから学校という場が、子ども達にとって死を選ぶほどの心の負担になり、また周囲にそのことを相談できる関係がないことが感じられます。学校に行きづらさを抱えながら通っている子が中学生の約1割程度存在していることも、最近の調査でも明らかになっています






居場所としての利用


相談できる場所がない


理解してくれる人がいない


体験してみたい


などなど



この期間以外にもいつでもどうぞ




入会が前提でなくてもかまいません


「ここだ!」とピンときた方


お問い合わせください




また、たくさんの方にシェアしていただくと


八方塞がりの子どもや


必要としているご家族につながりれます


ぜひ、シェアのほどよろしくお願いします




🔷信州親子塾 お問い合わせはこちら


電話  026(405)2095

問い合わせフォーム 


閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】