• けん

感情をみないことには・・・

ランニングをコーチしているとき


テクニックやトレーニングやランニングフォーム


といったことにばかり意識がいっていて


実は、ランニングに沢山の感情が乗っかってしまっていて


にっちもさっちもいかなくなったり


混乱してしまったりしている人が多い





これはランニングだけではなく


学校でも


勉強でも


お金のことでも


仕事でも


人間関係でも





とにかく


そこに自分の感情がのっかってしまっていて


問題の本質よりも


そっちが大変で


わけがわからなくなってしまっていたりする



抜け出すポイントは


誰をメンターにするのか?


誰をモデリングするのか?


が、すごい重要



速く走るには気合いと根性だ!


とか


我慢や逃げないことだ!


とか




そこまで言わないまでも


情熱の塊みたいな人に教わると


引いちゃうことがある人はまだしも



これこそが秘訣!と思っちゃったら・・・


「怪我をしてしまいました。どうしたらいいですか?」


とやってくる






感情と観念


とても重要な視点



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】