• けん

日々の気づき

「そうだったのかぁ~~!!」


という気づきが


人生を変える



深い気づきは、大きく変わる


浅い気づきは、小さく変わる



今までとは違う視点


今までは思いもよらなかった見方


が、できるようになるような気づき



勉強して学ぶことより


なにかができるようになるより


日々のハッとするような「気づき」が大事だなぁって思う





例えば


わかりやすいと思うので


お金で見ていくとすると



月に1万円稼ぐ人


月に10万円稼ぐ人


月に100万円稼ぐ人


月に1,000万円稼ぐ人


月に1億円稼ぐ人




やっぱり何かが違う






陸上競技に打ち込んでいるときも



学校内


市内レベル


県内レベル


全国レベル


アジアレベル


世界レベル




何が違うのか?




やっぱりなにかが違う




昔は


能力とか頭がいいとか


家柄がいいとか生まれてきた環境がいいとか


努力とか頑張りとか


そういう表面的なことばかりに目がいっていた




そういうことじゃないんだ!


と気づいたあとは






決断力があるとか


行動力があるとか


勇気があるとか


運がいいとか


そういった内面に目がいっていた時期があった





それも違うんだ!


と気づいて・・・





今は


「観念」と「セルフイメージ」が違うということに気がついた






この「観念」と「セルフイメージ」についても


何段階も気づきがあったりして


深い気づきがいくつもある





まだまだ観念もたくさんある




セルフイメージも以前よりは高まっている感覚はあるものの


まだまだ「自分はお呼びではない」という意識が出てきたりする






やっぱり


日々の環境と


日々の触れ合う人の次元と


日々の気づきが


なによりも大事になってくると実感している






閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】