• けん

気づきを得る方法

人間の特性というか


エゴの特性には


レーザー光線のように


シャープにある物事や考えにフォーカスする力


がある




だからこそ


目先のことを綿密に分析して


解明することを得意としている



その一方で


フォーカスするあまりに


大きな視点で見ること


大きな概要を捉えて全体の流れをとらえること


がなかなかできない




視点の尺度を少しだけ変えて


捉え方をもっと全体的に捉えてみる


鳥瞰的に見てみる





それだけで


今まで気がつかなかった気づきを得ることができる



例えば


ネガティブだと思い込んでいたこと


失敗だと思っていたこと


不幸だと勘違いしていたことなど


長い目で捉えてみたり


大きな視点で捉えてみると


あのときのあれがあったから今の素晴らしい自分がいる


といった気づきを得ることができるようになる



全体像で捉えてみると


ネガティブな出来事は


実は、実際にはポジティブな方向へ行くプロセスでの出来事だったこと


失敗だと思っていたら違う自分になるための方向転換の機会だったこと


不幸だと思っていたことが実際にはもっと幸せになる道が開いていたという事


そういった事実を掴むことができるようになってくる





視点を変えるということはよく耳にするけど


次元を変えるということがわかってきて


高い次元から見るようになってくると


大問題だと思っていたことが


問題どころか


人生の次のステージで使うスキルを学ぶために起きていたんだということが


あとになって気がついたりする




結果や方法を手放して


流れに任せてみると


そのときにはわからなかった大きな気づきが得られることに


なっている感じがしている




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】