• けん

自分の感性が大事

ランニングのコーチングで


あるとき、すごいことに気がついた




頭で考えたり


知識を身につけるよりも


コツを知るよりも




感覚にフォーカスすること





「ああして」「こうして」


と懇切丁寧に指導する


何百倍も速く身につけることができるからビックリ






これはランニングにかぎったことではなく


人生すべてに当てはまるり


どの分野にも応用できることに


あとになって気がついた





世の中のほとんどの人は




自分がどうしたいかより


「どうすべきか」を


優先してしまっている

自分がどう感じるかより


「なにが良いのか正しいのか」を


優先してしまっている

自分が何を感じているかを感じるよりも


「どうしなければいけないか」を


知ろうとしてしまっている


そもそも


この違いに気づいていないことが大きな問題であるのに


そんなことよりも


正しい答えを知ろうと頑張る人が多い





正しい答え見つけることに躍起になって


その答えを頭で知ることができたと思えたとき


すごく満足してしまう




ところが


肝心なその動きができないことに疑問すらもたないで


頑張って探し当てた正解の動きを


実際に身につけるためにまた頑張ることになる






このあたりのことがわかってくると


親子塾の塾生が


すごいスピードで変化したり


劇的に成長していったり


何年間も苦しんできたのに

数ヶ月でそこから抜けていく選択ができたりする


その視点が持てるようになってくると思う


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】