• けん

自分はどうしたいか?



その頃の目標は



「速く走ること」





あの頃の僕に


「あなたはどうしたいのですか?」




と質問したら




なんの迷いもなく


なんの疑いもなく


「速く走れるようになりたい」


と答えていただろう






今ふと思い出すと


そもそも「走る」ことが前提で


目先のことしか考えていなかった






なにか


心の奥底から「やりたい」ことなんてなく




「なにが好きなのか?」


なんて考えたり、感じている暇すらなく





「僕には走ることがある」


という執着だったんだということがわかる





「自分がやりたいことなんだ」と


思い込ませていたような感覚が残っている






学校にさえ行っていれば


部活さえやっていれば


会社にさえ行っていれば



とりあえずOKみたいなのに似ていて





走ることが好きなのか?嫌いなのか?


さえ感じることなく


生まれつき、ただただ速く走れただけだった





今、感じていることは


「走ることは実は嫌いだったんだ・・・」


というもの






嫌いなことをずーっとやってきた






あるとき


走ることを


「楽しい!」「しあわせ」


と感じることができた体験がある





そう思えたのは


『感じる』ことがきっかけだった






苦しく嫌いなランニングは


自分らしくない時代





しあわせなランニングは


自分らしさを追求していった結果


感じられたもの





「そうしよう」


としているうちはたどり着けず




「自分はどうしたいか?」



「自分がなにを感じているか?」


が、わからないと


外の評価や、周りの意見が


「よし」


とするものを基準に




「自分は〇〇がしたい」




と、自分がしたいことだと思い込ませる結果になる






自分らしく生きる


ということをさせようとしてもできない理由はここにある





ちょうど塾長のノリさんが


ギフテッドについて書いていた


https://m.facebook.com/一般社団法人-信州親子塾-101792041442238/posts/?ref=page_internal&mt_nav=0





ギフテッドを見つけるときにも同じことがいえる



20歳前後に、もし僕がギフテッド教育を受けていたら


「走ること」


だっただろう・・・間違いなく





けど


今わかるのは、ギフテッドではない





ギフテッドは


自分らしさの表現だと思う








#不登校 #ひきこもり #自分らしく #子育て


#育児 #長野市 #信州親子塾 #悩み #フリースクール




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】

お金はエネルギー 自分自身のエネルギーが、あなたのお金のエネルギーの質を決めている どんなエネルギーを帯びてるお金を受け取っているでしょうか? どんなエネルギーをお金に乗せて使っているでしょうか? どんなエネルギーを帯びているお金を受け取りたいですか? どんなエネルギーをお金に乗せたいのでしょうか? 自分自身のエネルギーを枯渇させないためにも お金との関わり方は 実は とても大事 お金は単なるツー