• けん

自分らしさってなに?

塾長のノリさんは画家としても活動している



塾生のNさんは


毎日絵やイラストを描いていて


ノリさんに質問をよくしている




今日の会話の中で



「Nさんらしさをトコトン表現すること」


というテーマになった




Nさんは「難しいなぁ」と




かなり濃い深い時間が流れた






ゴッホは死後50年後になってから


絵が評価されたそうだ




それは


「自分らしさ」をとことん表現した結果


当時の世の中の常識では


先進すぎて伝わらなかった側面が


推察できる




「〜しなければならない」

「〜すべき」

「〜する必要がある」

「〜したほうがよい」

(これは、すべて他人や外の価値観)


という枠の中の世界では伝わらないことってよくあって




親子塾のやっていることも


なかなか伝わりにくいのに似ているのかなぁ


と思ったりして






この「自分らしさ」と「あたり前や普通」


はパラダイムシフトするくらい


見方や見え方、思考や次元が違う感じががしている







「自分らしさ」や「なにが好きか」や「なににワクワクするか」


がわからない人は



自分の外の価値観


「〜しなければならない」

「〜すべき」

「〜する必要がある」

「〜したほうがよい」


という中で


「自分のやりたいこと」だと


信じ込んできた生き方を長年続けてきたとも言える



本当にやりたいことを


トコトンやるには



まずは





鎧のように身につけてきた


「〜しなければならない」

「〜すべき」

「〜する必要がある」

「〜したほうがよい」


という観念をタケノコの皮を


1枚1枚はがしていくように


自分の感情と向き合っていくと


どんどん自由になっていく感覚が味わえる




「自分らしさってなんだろう?」


と考えていたことすら忘れて


いつの間にか


自分らしく生きている自分に気づくみたいな





「寝よう寝よう」とすればするほど眠れないが


いつの間にか寝てるみたいな感覚に似ている感じがしている





閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】

お金はエネルギー 自分自身のエネルギーが、あなたのお金のエネルギーの質を決めている どんなエネルギーを帯びてるお金を受け取っているでしょうか? どんなエネルギーをお金に乗せて使っているでしょうか? どんなエネルギーを帯びているお金を受け取りたいですか? どんなエネルギーをお金に乗せたいのでしょうか? 自分自身のエネルギーを枯渇させないためにも お金との関わり方は 実は とても大事 お金は単なるツー