• けん

自分を許す

親切を装ったり


犠牲者を演じたり


不機嫌な態度をとることで


相手を動かそうとすることがある





僕たちは


自分のものの見方にこだわって


視野が狭まっているため


他の人から見れば


明らかにズレていることが


真っ只中にいるときには


気がつかない






自分が頑固で


権威主義的で


要求が厳しく


融通が利かず


完全主義になっている


ということが


全く分からない





僕も完璧主義だったので


そこから抜けるのに


かなり苦労したことを


覚えている




本当に苦しかった




つい人を責めたり


失敗を怖れてチャレンジしなかったり


完璧にこなそうと頑張ったり・・・




自分が完璧主義だということに


気がついてからも


なかなか抜け出せない





ここから抜けたあとに気がついたことは


自分を許すこと




できない自分


失敗する自分


いけてない自分




それが自分だと認めること




良い悪いじゃなく


優劣ではなく


正しい間違いじゃないんだ


と気がついて


自分を許したとき




すごく楽になったことを


今でもはっきり覚えている





自分で自分を許せる



言葉や説教では意味はない




本当の意味で


自分で自分を許すこと






親子塾で大切にしている1つ



閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】