• けん

自分軸が太くなっていく

不安や恐れは誰でも出てくる




不安や恐れが出てきたとき


忘れるのではなく


ブロックするのでもなく


行動することで感じないようにするのでもなく


対応できることを知ると


人生が随分変わってくる




不安をなくそうとしたとしても


それはそれでいつもあるのだけれども


「私はそっちを選ばない」というスタンスで


不安や恐れを直視することで


自分の人生を選んでいくことが可能になってくる



ネガティブな傾向は


「それをやったら失敗するぞ」


「また同じことになるぞ」


「お前なんかには無理」


などと


自分で自分をそそのかす





その声の存在を理解し


無視するのではなく


きっちりと存在を認めてあげて


ニュートラルのままで直視し


自分に向き合い


自分自身に取りくむ



自分の中にある


1番外す必要がある観念が


どんどん湧き出してくるという時代の流れがあるようで


最近どうも心が混乱して


心が乱れることが多くなってきているなぁと


感じている人はピンチではなくチャンスだと思う




ありのままの自分軸があれば


いつでも乗り切ることができるようになってくる


軸を強化して


自分軸をゆるぎないものにしていく

親子塾で過ごしていると


なんでも自分で選択して


自分で責任を取るという生活をしているので


自分と向き合うことになる



結果として


自分軸が太くなっていく様子が


どの塾生にも見えてくる




そんな時間を共有できる喜びを


今日も味わうことができた




成長を見逃せない






閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】