• けん

自分軸と他人軸

親子塾では


他人軸」というキーワードが


よく登場する





ともすると


「他人軸で生きて何が悪いの?」


「他人軸で生きないと生きられないじゃない」


といったニュアンスの反応を


よく耳にする






悪いわけではない






他人軸で生きてきた僕は


そのメリットデメリットがよくわかっているつもりだ





他人軸





僕の場合の他人軸


親の価値観


周りの評価


批判されない選択


指示を待って行動


「〜したほうがよい」「〜すべき」「〜しなければいけない」


「〜してはいけない」「〜すべきではない」


世間体


男の子だから


長男だから


親として


体育教師として


などなど





これらを一生懸命に身につけ


よろいとして身にまとい


懸命に適応しようと頑張ってきた







自分軸で生き始めると


この武装を


今度は懸命に脱ぎ捨ててきた






自分の軸で生きるって


他人軸に合わせて生きてきた人生とは


ある意味で真逆





自分軸で生きようと決めても


今までの生き方のクセをやめ


頑張って身につけてきたものを


手放すのが最初はできない






天動説と地動説くらいに


生き方の大転換になるものだから


「ちょっといいことを知りたい」とか


「どうしたら自分軸で生きられますか?」とか


いうレベルではない





そういう意味では


誰にでもオススメできる生き方ではない


のかもしれない







けど


他人軸で生きていても


ある意味で


周りからの評価は高いかもしれないが


どこまでいっても幸せには感じないということ






僕は、ほんの10年前ほど


評価されたり


褒められたり


認められたり


幸せだと勘違いしていた






評価されるための無間地獄


認められるためだけの時間の無駄遣い


だと今はわかる





結局


いずれ燃え尽きる





幸福感と満足感の違い


幸福感と達成感の違い


幸福感と充実感の違い






自分軸と他人軸






なんとなく「そういうものだから」


と流されて生きるのではなく


一度考えてみては


いかがでしょうか?











#不登校 #ひきこもり #自分らしく #子育て

#育児 #長野市 #信州親子塾 #悩み #フリースクール





閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】