• けん

親子塾って、どんなところ?

昨日のブログでは


『6人の盲人と象』

という寓話を紹介した

https://www.wix.com/dashboard/569f5b26-b322-4d99-a98a-fe442552150a/blog/5eeb396a302abd0017a6d15a/edit




親子塾を利用した方に

「親子塾ってどんなところ?」

と、質問すると



ちょうど、この寓話のように

体験した人によって

感想や説明が違ってくる



「フリースクールのようなところ」

「子育ての相談ができるところ」

「夫婦関係と親子関係の相談するところ」

「通信制の学校の勉強を見てくれるところ」

「整体で心と身体の両方からととのえてくれるところ」

「プラレールで遊べるところ」

「画家さんがいるところ」

「自分らしく生きることを学べるところ」

「HSCの人に対応できる唯一のところ」

とかとか



十人十色の反応になる不思議




人生の学校なので

0歳〜150歳まで

どなたでも



一度体験してみて

是非感想を聞かせていただけたらと思います









#不登校 #ひきこもり #自分らしく #子育て

#育児 #長野市 #信州親子塾 #悩み #フリースクール




閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】