• けん

過去と他人は変えられない

人は「変わる」というとき


相手を変えようとする落とし穴にはまる



その落とし穴にハマってることにすら気づいてない


指摘しても否定されたと感じたり


アドバイスしても怒り出したり


「過去と他人は変えられない」と頭で理解しただけになってしまって自分を責めたり





客観的に自問自答したり


鳥瞰的に自分を見つめたり


中立に受け取れた時であっても


「そっか!」


と、自分を変えようとする




そのとき


まるで別人の誰か理想的な人に変わったところをイメージしがち

でも、実は


人が変わるときというのは


自分との付き合い方が変わるときに


色んなことがわかってくる


もう一人の自分を意識したとき


なにかが変わり始める

『自分を変えるのではなく、自分に還る』


には、そんな段階がある





閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】

お金はエネルギー 自分自身のエネルギーが、あなたのお金のエネルギーの質を決めている どんなエネルギーを帯びてるお金を受け取っているでしょうか? どんなエネルギーをお金に乗せて使っているでしょうか? どんなエネルギーを帯びているお金を受け取りたいですか? どんなエネルギーをお金に乗せたいのでしょうか? 自分自身のエネルギーを枯渇させないためにも お金との関わり方は 実は とても大事 お金は単なるツー