• けん

過去と他人は変えられない

人は「変わる」というとき


相手を変えようとする落とし穴にはまる



その落とし穴にハマってることにすら気づいてない


指摘しても否定されたと感じたり


アドバイスしても怒り出したり


「過去と他人は変えられない」と頭で理解しただけになってしまって自分を責めたり





客観的に自問自答したり


鳥瞰的に自分を見つめたり


中立に受け取れた時であっても


「そっか!」


と、自分を変えようとする




そのとき


まるで別人の誰か理想的な人に変わったところをイメージしがち

でも、実は


人が変わるときというのは


自分との付き合い方が変わるときに


色んなことがわかってくる


もう一人の自分を意識したとき


なにかが変わり始める

『自分を変えるのではなく、自分に還る』


には、そんな段階がある





閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】