• けん

不登校?

更新日:2020年6月9日


単に「学校に行かない選択」をしている子


自分の心を大切にしている子


という立場が親子塾



不登校といわれる子が問題と思われがちな世の中だが


問題どころか


社会や大人たちの方が問題であるとさえ感じる

学校に行かない

学校に行きたくない

といっている子がいたら

多くの親や先生は

「どうしたら学校へ行けるのか?」

「どうして学校へ行かないのか?」

「学校へ行けない理由はなんなのか?」

という視点しかないのではないかと思ってしまう発言ばかり

当然、子どもに対しても

「どうして学校に行かないの?」

「どうしたら学校へ行けるの?」

という質問になる

これが、どれだけトンチンカンな質問なのかにも気づくことなく

不毛な時間ばかりが過ぎていく

ほんの少しでもいい

子どもを変えようとしたり


子どもを学校や社会の「当たり前」という

箱の中に押し込めようとしたり


親や先生など、大人たちの不安を子どもにぶつけたりしている・・・

そのことに気づいたとしたら

対応が全然変わってくるはず




子どもが何を思い

何を感じ


その思いに共感・共鳴・感動さえ覚える感覚になれたら

それだけで、劇的に変わってくる




「それだけ」と書いたが

自分軸がなく

外側の価値観を大切にしてにいる人にとっては

これがなかなか難しいのではあるが




このパラダイムの変換は

「不登校」というテーマだけでなく

人生にとっても大切な鍵の1つになるので

一度、自分の観念をチェックしてみてほしい






#不登校 #ひきこもり #自分らしく #子育て #育児 #長野市 #信州親子塾 #悩み

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】