• けん

支援臭

川崎市にある


「フリースペースえん」や「たまりば」の


西野さんという方が



『支援臭』



という表現を使っていた




言い得て妙だ





「あなたのためを思って」


とアドバイスしたり




「こんなにやってやっている」


と大きなお世話をしたり




「社会に出たら困る」


と先回りして手出し口出ししたり






主体性という言葉があちこちに出てきているが


子どもに主体性をもつ支援や教育をと文章ではあるが


実際の現場では・・・




支援臭や教育臭が立ち込めて


子どもの主体性を奪っては


いないだろうか?






この言葉1つとっても


2〜3時間の話ができそうだ



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】