• けん

「失敗しないための人生」という設定を書き換える

更新日:2020年6月9日

幸せに生きるとか

毎日を楽しく過ごすとか


仕事で生きがいを感じるとか

自分らしく生きるとか


素敵なパートナーと出会うとか



そういうことに

宿題やるとか

勉強ができるとか

学歴とか

1ミリも関係ないと確信している




それよりも

そんなことを気にして

子どもにやりたくないことを無理やりさせる方が

よっぽど子どもの人生に悪影響を与える




よかれと思ってやる躾とか

「社会に出て役に立たないぞ」とか

「誰のおかげで生活できてるんだ」とか

そういうのって親の敗北宣言


力のない子どもは、理不尽に感じても従うしかない




人間はほっとけば

勝手に幸せになるようにできているように思う


放任ではなく

放っておくほうが

うまくいく

(文字だとニュアンスが伝わりづらいのだが・・・)



自分の人生も、他人の人生も、もっと信頼して生きていい



学歴とか

不登校とか

引きこもりとか

夜通しゲームしてるとか

で悩んでいる子どもっていなくて

親の不安をぶつけられて、それを信じてしまって困っている



親が味方になってあげる

親が理解してあげる

親が共感してあげる

のが一番大事だと思っている



親が子どもを自分の思い通りにするためではなく

子どものことは子どもに任せて

親自身が自分自身の人生に集中していくと

子どもはどんどん自立していく



親が

「子どもに失敗させたくない」という思いがあったり

「自分のような苦労をさせたくない」という思いから


親の不安を子どもにぶつけているかもしれません


親の価値観を押し付けているかもしれません


そのことの弊害に気がつくことから

親自身の人生が始まり

子どもが自分らしく生き始めていく



なにか問題が起きる前に

気づけたらいいのになぁといつも思うのだが


問題は問題ではなく

人生を次のステージにステップアップするために起きること

ということに気がつくと

もっと人生を信頼できるようになるかもしれませんね



人生のOS(PCのオペレーティングシステム)が

「失敗しないための人生」

とう昭和時代の設定(Windows95みたいな)になっている親が多い中


令和の時代を生きる子どものバージョン(Windows10用のソフト)が

機能しなくなってきている



親をはじめとする大人のバージョンアップが急務だと感じる今日この頃です








#不登校 #ひきこもり #自分らしく #子育て #育児 #長野市 #信州親子塾 #悩み

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】