• けん

今目の前で起きていることはベストなこと

親との葛藤や自分の病気


その他自分の人生で今までにあったことは


すべて今につながっているし


すべてはベストだったのだ!


と思ったとたんに・・・

冗談じゃない!


あの時の苦しい思いをもって


ベストだなどと言えるか!


とものすごい怒りと悲しみと憎しみが出てきて


これがベストなら


またそういう苦しい思いをすることが起こるのか?


という不安を感じました


起きていることがベストってどういう意味か


もう少し詳しく教えてほしい




とメンターに質問したことがあった






するとこんな回答


参考になればと書いてみます




望んでいないことと


無意識で望んでいることの


両方を読み解く技術が必要です



たとえば、病気をすることによって


人に助けてもらうということを学べたかもしれません


苦しむことによって


共感する能力が高まったかもしれません



経済的な問題を作ることで


経済的なことにもっとフォーカスしようと決めるかもしれません



一時的な問題は


本人が自分で人生を変えるきっかけとして作っています



生きている限り


痛みはどこかで出てきます


自分らしく生きられない


家族との葛藤


健康の問題など


何らかの痛みを体験するようにできているのです


人生で痛みを避けることは出来ません


でも、苦しまなければいけないということはありません






今ならよくわかることでも


当時はモヤっとしていてわからなかった





今目の前で起きていることはベストなこと




自分と向き合うと決断した人にとっては


うんうんうん

その通り!


となるが



そうではない人にとっては


人のせいにしたり


苦しみの感情に八方塞がりのように感じたりしてしまう




親子塾での会話でも


そこにいるすべての人にとって


(ベターではなく)ベストな状況だなぁと


毎日感じています


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉塞感のある息苦しい生活 本人がそう感じたとき その中で、生きる希望を見出すには 「現実とは別の世界」が必要になるかもしれない それをキャンバスに見出す人 アニメや漫画の世界に見出す人 本やダンス ゲームやスマホ 音楽 スポーツ と言う人もいる 芸術的な才能を持つ人の多くが 孤独な子ども時代を過ごしているのは偶然ではないでしょう その感性の高さゆえに 周囲への違和感を感じ 自分が変 自分が悪い と

チャンスが来てから取り組んだのでは遅く チャンスをつかむ準備をしておく 自分からつかみに行くというよりは 「受け取る」という表現がしっくりくる 11月19日に 県民会議という場でお話をさせていただくことになったのだが 以前の僕(10年前)だったら 「そんなの無理」 「僕には、そんな価値がない」 と感じて断っていただろう そんな準備ができていなかったのはもちろん セルフイメージが低かったものだから

【おやこじゅくサロン会員限定記事】